ダンボール

必要なことだと認識する

引越しの際にお世話になった近所と新しく暮らすところの近所の人にこれからお世話になりますという挨拶をすることは常識です。心ばかりの手土産も当たり前になっているようです。できれば前日、遅くても当日荷物を運ぶ前に挨拶に行くことが望まれます。

無難に行うために

ダンボール

流れを知りたい

引越しの時には、今まで住んでいた場所の住人に挨拶をすることが必要ですが、基本的に引越しのおおよその流れを理解しておけばどのタイミングであいさつをしたらよいのかがわかってきます。引越しの流れは、まず業者に依頼することから始めますが、最近は業者同士を比較するために一括見積もりサイトなどで申し込む人が増えてきています。いくつかの業者が選ばれてそれぞれの業者から見積もりを出してもらい比較することが大事になります。業者を選んだ後には、業者との話し合いの中でどの時期にどの時間帯で引越しをするか決めていかなければなりません。繁忙期の場合には1か月ぐらい前に申し込んでも希望している日時を選ぶことはできませんが、閑散期に関しては1か月前でもある程度選ぶことができます。後は、荷物の大きさや量から判断してどれぐらいのトラックの大きさになるかを決めていかなければなりません。通常の場合には、少し余裕があるトラックを選ぶのが基本になります。なぜなら、ぎりぎりの量で運ぼうとするとイレギュラーが発生した場合荷物を運ぶことができなくなるからです。このように、日時とトラックの大きさそしてこん包するかどうかなどを決めたならば、あとは引越しの日時を待ちます。その間に、挨拶をすましておくのがよいでしょう。引越しが終わった後も、新しい住人の元に挨拶に行きますが引っ越し会社のスケジュールに合わせてすべてが終了して落ち着いた後に挨拶をするのがマナーになります。