必要なことだと認識する

ダンボール

頃合いを見計らう

引越しをするときには、今まで住んでいた近所でお世話になった人に挨拶をするのはマナーのひとつだとされています。そして、新しく転居した先でもその家の周りの家々に挨拶することも当然のことだと言えます。最近は気がついたら空き家だった隣の家に人が住んでいたということも珍しくはないようです。しかし、何事も最初が肝心で、何の挨拶もしなかったということが後に気まずい状態になり、さらにトラブルに発展したという例も中にはあります。これから暮らす場所で快適に日々を送るためにも最初の挨拶は大切です。引越しが初めてという場合、挨拶に行くことも慣れていなくてなんとなく時間が経ってしまったということもあるようです。そんなことにならないために、挨拶のタイミングも考えることが必要です。引越しの当日はトラックが着いたり、荷物の運び込みがあったりと人の出入りも多く、そのために道がふさがれることもあるかもしれません。ですから、できれば挨拶は引越しの当日荷物を運ぶ前にするほうがいいかもしれません。さらに可能であれば前日に明日引っ越してきますということを伝えるのがいちばんいいでしょう。挨拶に伺うときには手土産の持参も当然のことのように考えられていますが、伺う側も手ぶらよりは行きやすいと言えるかもしれません。500円から高くても1000円くらいまでの品物が一般的で、今はお菓子が主流です。他にはお茶、タオルやラップなど実用的なものが選ばれていますが、引越し蕎麦ということからお蕎麦を持っていく人もいます。