訪問するタイミングはいつ

ダンボール

常識は知っておく

引越しをする時は、これまで住んでいた近所と引っ越す先の近所、そして大家さん、管理人さん、班長さんなど状況に合わせて伺いましょう。住んでいた近所への挨拶は引越しの1週間前〜2日前に済ませておくのがベストなので、余裕をもって伺っておくのがいいでしょう。引越し先の近所への挨拶は引越し前日〜引越し後3日までに済ませるのがベストですが、できるだけ前日に済ませて引越し作業で騒がしくなることに対する挨拶もしておくとより良いとされています。挨拶では訪問先のお宅が留守でタイミングが合わないこともあります。その時の再訪問は多くても3回まで、中には防犯上出たくないという人もいますし、夜間勤務の方は睡眠中の可能性もあるので無理に直接挨拶をする必要はありません。直接挨拶できない場合はポストに挨拶品と簡単な手紙を残しておくだけでも十分です。また、訪問する時間にも注意しなくてはならないので、午前10時以降〜午後18時で伺うようにしましょう。基本的にはお昼時や夕飯時などの忙しい時間は避けて明るいうちに行くのがいいとされていますが、それが難しい場合は夕方でも「お忙しいところすみません」と一言添えれば問題ありません。お世話になった方に挨拶もなしに引っ越すのは失礼ですし、これからお世話になる方に悪い印象を与える挨拶もいけません。挨拶は簡単なようで難しいので、事前にマナーを把握して常識の範囲で行うようにするのがいいでしょう。